等級別の慰謝料(8級~14級)

後遺障害等級8級の慰謝料(具体例)

交通事故で重傷を負い、後遺障害が残ったとき、8級に認定されるのはどういう場合なのか、慰謝料相場はどれくらいか調査結果をまとめてみました。

8級の後遺障害にはどういうものがあるの!?

先生、後遺障害8級にはどういう障害があるんですか?

8級の後遺障害には、目・背骨・腕・脚の障害があるね。8級は、他の等級と比べて、基準が明確といえるね。

覚えるのは大変そうですけど、全部教えてください!

交通事故の後遺障害で8級に該当するものを、弁護士さんに以下の表にまとめてもらいました。どの後遺障害も、被害者の労働能力が45%も失われることが想定されているらしいです。

以下の表の中には、脊柱障害について「運動障害」や「中等度の変形」、上肢と下肢について「偽関節」という抽象的な表現があり分かりずらいです。これらの用語については、より細かい基準があるようなので、詳しく教えてもらうことにしました。

<8級の後遺障害まとめ>

 

内容

眼の障害

1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの

脊柱の障害

脊柱に運動障害を残すもの

脊柱に中等度の変形を残すもの

上肢の障害

1手の親指を含み2の手指を失ったもの又は親指以外の3の手指を失ったもの

1手の親指を含む3の手指の用を廃したものまたは親指以外の4の手指の用を廃したもの

1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

1上肢に偽関節を残すもの

下肢の障害

1下肢を5cm以上短縮したもの

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

1下肢に偽関節を残すもの

1足の足指の全部を失ったもの

8級の脊柱障害の認定基準は!?

脊柱の運動障害とか変形って、どういう意味ですか!?偽関節とかの用語も、素人には理解できません!

たしかに、弁護士でも一部の交通事故の専門家以外は理解できていない人達が多いよ。あとで詳しく説明するね。

弁護士でも知らない人がいるんですか!?弁護士選びは慎重にしたほうがよさそうですね。

8級に当てはまる脊柱障害とは、要するに背骨の圧迫骨折に伴う背骨の変形運動障害のことらしいです。

背骨は、体全体を支える支持機能があると同時に、日常生活で動作をするときの運動機能にも重要な役割を担っているといえます。

脊柱障害で8級に認定されるための基準を以下の表に細かくまとめてもらいました。これらの基準に該当することを証明できれば、8級に認定してもらえるそうです。

<8級・脊柱障害の認定基準>

脊柱に運動障害を残すもの 頚部と胸腰部のいずれかの可動域が参考角度の2分の1以下

頸椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがX線写真等で確認できるもの

頸椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの

項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

頭蓋・上位頸椎間に著しい異常可動性が生じたもの

脊柱に中等度の変形を残すもの

X線写真等により脊椎圧迫骨折等を確認できる

1個以上の前方椎体高が減少し、後弯が生じている

コブ法による側弯度が50度以上

環椎または軸椎の変形・固定により、60度以上の回旋位となるなど、一定の基準に該当するもの

偽関節の認定基準は!?

8級の後遺障害となる例の多い偽関節について、弁護士さんに詳しく教えてもらいました。

偽関節とは、骨折した骨同士が癒合(元通りにひっつくこと)せずに、症状が固定してしまう場合をいいます。

まず、上肢(腕)の場合、一方の腕について、肩関節から肘関節にかけて伸びる上腕骨の癒合不全、肘関節から手首にかけて伸びる2本の骨(橈骨・尺骨)の癒合不全があるとのことです。

下肢(脚)の場合、一方の脚について、骨盤から膝関節にかけて伸びる大腿骨の癒合不全、膝関節から足首に伸びて伸びる2本の骨(脛骨・腓骨)の癒合不全があるそうです。

それぞれ、癒合不全の状態はレントゲンやCTにより明らかな場合が多いので、特に後遺障害の認定段階で争いになることは少ないそうです。7級の偽関節との違いは、常に硬性補装具を必要とするか否かの点らしいです。

(まとめ表)

1上肢の偽関節 常に硬性補装具を必要としない

上腕骨の骨幹部等に癒合不全

橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全

時々硬性補装具を必要とする

橈骨または尺骨のいずれかの骨幹部等に癒合不全

1下肢の偽関節

常に硬性補装具を必要としない

大腿骨の骨幹部等に癒合不全

脛骨及び腓骨の骨幹部等に癒合不全

脛骨の骨幹部等に癒合不全

8級の後遺障害慰謝料の相場は!?

8級の障害を負うと、それなりに慰謝料をもらわないと引き下がれないですよね!

8級の慰謝料相場は、830万円だけど、弁護士に依頼しなければその半分も回収できないことが多いよ。

!?てっきり、自力で交渉したほうが手取りが増えると思ってました!!

後遺障害の慰謝料は、事故により後遺障害を負い、日常生活や仕事に支障が出たことに対する精神的苦痛をお金で換算したものです。

弁護士を介して保険会社と交渉した場合に払ってもらえる水準である弁護士基準では、慰謝料額は830万円になります。一方、被害者本人だけで保険会社と交渉すると、半額以下の400万円となることが多いようです。

弁護士に依頼して交渉して始めて、慰謝料額が2倍以上に増額してもらえるということです。

では、どの弁護士でもいいのかというと、まずは気軽に法律相談できる法律事務所がいいでしょう。アトム法律事務所は、LINEを利用すれば、24時間体制でいつでも相談料無料簡単・気軽に相談できるようなので、お勧めです。

 

8級の後遺障害慰謝料

自賠責基準

324万円

任意保険基準

400万円

弁護士基準

830万円

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所 公式サイト

交通事故の慰謝料問題に強い アトム法律事務所のウェブサイトです。「事業内容」のページでは、慰謝料増額の実績も掲載しています。

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談