等級別の慰謝料(1級~7級)

後遺障害等級7級の慰謝料(具体例)

交通事故で後遺障害を負った場合、慰謝料額の基準になるのが等級だといいます。

7級の後遺障害を認めてもらえる場合や慰謝料相場について調査してみました。

軽い労務以外をできなくなれば7級!?

7級の後遺障害のうち、代表的なものを教えてください!

神経、精神、臓器に障害を負った結果、軽い労務以外の作業ができなくなれば、7級に認定してもらえることがあるよ。

軽い労務って具体的にどの程度を指すか分かりにくいですが、収入が下がる損失を被ることは間違いなさそうですね。

交通事故で神経系統、精神、臓器に障害が残り、それによって軽い労務以外の作業をできなくなった場合には7級を認定してもらえることがあるそうです。

まず、神経系統や精神の障害で代表的なものが、脳損傷に伴い人格などに変容を来たす、高次脳機能障害だそうです。7級の場合には、障害が原因で作業手順が悪い、ミスが多いなどの場合に認定してもらえるようです。

高次脳機能障害以外にも、知能低下や脊髄損傷に伴う麻痺なども7級の対象になるらしいです。

<7級4号の後遺障害>

概要

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

高次脳機能障害

一般就労を維持できるが、作用の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができない

脊髄障害

一下肢の中等度の単麻痺が認められるもの

てんかん

転倒する発作が数か月に1回以上あるもの、または転倒する発作以外の発作が1か月に1回以上あるもの

一方、臓器の障害で7級になる場合は、臓器の種類ごとに細かく認定基準が決められています。これらの基準を満たす場合には、軽い労務以外は行えないということのようです。

<7級5号の後遺障害>

概要

胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、
軽易な労務以外の労務に服することができないもの

認定基準

呼吸器の障害

●動脈血の酸素圧力が60Torrを越え70Torr以下で、かつ動脈血の炭酸ガスの圧力が37~43Torrの限界値の範囲を逸脱する場合

●スパイロメーターの呼吸気量が35<%1秒量≦55または40<%肺活量≦60であり、かつ呼吸困難のため、平地でさえ健常者と同様には歩けないが、自分のペースでなら1km程度の歩行が可能であるもの

循環器の障害

心臓に除細動機を植え込んだもの

胃の障害

胃の全部または一部を失ったことにより、消化吸収障害、ダンピング症候群、胃切除術後逆流性食道炎の症状が生じるもの

腸の障害

人工肛門を造設し、畜便袋の装着ができるもの

皮膚瘻から腸内容の全部または大部分が漏出し、またはその量が100ml/日以上であり畜便袋による維持管理が困難であるもの

完全便失禁

泌尿器の障害

腎臓を一つ失い、腎機能の低下の程度がGFR値31ml/分~50ml/分であるもの

●非尿禁制型尿路変更術を行い、パッド等の装着が可能な場合

●禁制型尿リザボアの術式を行ったもの

●持続性尿失禁を残すもの

●切迫性尿失禁または腹圧性尿失禁のため、終日パッド等を装着し、かつパッドをしばしば交換しなければならないもの

その他の7級の後遺障害は!?

先生!7級の後遺障害って、どれくらい酷い障害なんですか?

7級の後遺障害の労働能力喪失率は56%だから、以前と同じように働くのは難しい場合が多いね。

バリバリ働いていた被害者には、辛い話ですね。

その他の7級の後遺障害として、以下の一覧表の障害があります。いずれも、労働能力の喪失率は56%とされていて、事故以前の仕事を続けるのは難しい場合が多いようです。

なお、上肢・下肢の「偽関節」とは、骨折後の骨の間に腫瘍などができた結果、骨の癒合が不完全になる症状をいいます。

これらの場合には、軽い労務以外の業務ができるか否かにかかわらず、要件さえ満たせば7級として認定してもらえるそうです。

<7級の後遺障害>

 

内容

眼の障害

1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの

耳の障害

両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

上肢の障害

1手の親指を含み3の手指を失ったもの又は親指以外の4の手指を失ったもの

1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの

1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

下肢の障害

1足をリスフラン関節以上で失ったもの

1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

両足の足指の全部の用を廃したもの

外貌の障害

外貌に著しい醜状を残すもの

生殖器の障害

両側の睾丸を失ったもの

7級の後遺障害慰謝料の相場は!?

先生、7級の障害が残ったら、まず何をすればいいですか!?

7級の後遺障害が残った場合、必ず考えるべきことは、どの弁護士に依頼するかということだね。

そうはいっても、弁護士の数が多すぎて分からないです。とりあえずアトムのLINE相談を試してみます!

7級の後遺障害を負ったとき、満足のいく慰謝料を払ってもらうためには、弁護士に依頼するのが必要不可欠だそうです。

というのは、後遺障害7級の場合に、保険会社が任意に提示する慰謝料水準と、弁護士に依頼した場合の慰謝料水準に2倍の開きがあり、金額差も500万円に及ぶからだそう。

弁護士に依頼すれば、本人だけで交渉しているときは500万円しか払ってもらえなかったところ、1000万円まで大幅にアップしてもらえることが多いそうです。

アトム法律事務所では、LINEでアトムを友だち登録すれば、弁護士に無料で相談できる点が特徴です。交通事故について、気軽に何でも相談できるのでお勧めですね。

(まとめ表)

 

7級の後遺障害慰謝料

自賠責基準

409万円

任意保険基準

500万円

弁護士基準

1000万円

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。
あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談