ご家族が死亡事故に巻き込まれたら

子供が死亡事故に巻き込まれたら

子供が交通死亡事故にまきこまれた場合、慰謝料を誰がどれくらい請求できるのか、弁護士に依頼するメリットは何かについて調査してみました。

子供の死亡事故の慰謝料相場と裁判の関係は!?

子供が死亡事故にあったとき、慰謝料はどうなりますか?

子供の死亡慰謝料にも相場があるけど、被害者が子供の場合は遺族の悲しみも相当大きいから相場を上回る裁判例も少なくないよ。

亡くなった子供がかわいそうです!加害者に慰謝料で懲罰を与えて下さい!!

子供が死亡事故にまきこまれた場合、保険会社や加害者に対して請求できる慰謝料の相場と、実際の裁判の関係はどうなっているのでしょうか!?

子供の死亡慰謝料の相場は、2000~2200万円といわれているようです。父親などの一家の支柱の死亡慰謝料の相場である2800万円と比べると、低い水準になっていますね。

ただし、子供の死亡事故の場合、両親の子供の成長に対する楽しみや生きがいが奪われ、その苦しみには凄まじいものがあるため、慰謝料相場と実際の裁判での慰謝料額とに開きがあるようです。

実際の裁判では、相場通りの2200万円の慰謝料を認めたものもありますが、その多くは2500万円を超える慰謝料を認めていて、中には3100万円の慰謝料を認めた裁判例もあるようです。

裁判官の実務感覚として、子供の死亡事故における両親を始めとする遺族の極度の苦悩を慰謝料に反映させる必要性を感じるからではないかとのことです。

遺族だけで保険会社と交渉した場合の慰謝料額は1400万円と大幅に低い水準らしいので、子供の死亡事故の示談交渉では弁護士への依頼は必要不可欠であり、場合によっては裁判までしたほうがよい場合もあるそうです。

(まとめ表)

子供の死亡慰謝料の相場

2000~2200万円

裁判例での認定額

2200~3100万円

保険会社の提示額

1400万円

子供の遺族は固有慰謝料をどれくらい請求できるの!?

亡くなった子供の遺族の悲しみは相当深いです!慰謝料はどうなりますか?

遺族の固有の慰謝料は、子供との関係性によって金額も変わってくるよ。実際には裁判官の裁量が金額にも大きく影響するんだけどね。

裁判官に被害者や遺族の精神的苦痛を実感してほしいです!

子供の死亡事故では、慰謝料の内訳として子供自身の慰謝料がその大半を占めるものの、遺族にも固有の慰謝料を認めてもらえるそうです。

子供の死亡事故における遺族としては、両親、兄弟姉妹、祖父母などが考えられます。裁判例の傾向としては、固有の慰謝料の金額として、両親が200~300万円、兄弟姉妹が100~200万円、同居の祖父母が50~100万円、非同居の祖父母が0~50万円が相場だそうです。

なお、兄弟姉妹の人数によっては、一人当たりの金額に変動が出るようなので、実際の慰謝料額は裁判官の裁量で決まるところが大きいらしいです。弁護士に依頼して保険会社と示談交渉する際には、これらの裁判例の傾向が参考になるはずですね。

(まとめ表)

子供との関係

固有の慰謝料額の目安

両親

200~300万円

兄弟姉妹

100~200万円

同居の祖父母

50~100万円

非同居の祖父母

0~50万円

子供の死亡事故を弁護士に依頼するメリットは!?

子供が交通死亡事故にあったら、どうやって今後を乗り切ればいいですか?

子供の死亡事故にうまく対応するには、民事・刑事ともに専門家である弁護士との連携が必要不可欠だね。心理的な面でのカウンセリングなども必要だね。

死亡事故では、カウンセラーと弁護士にも協力してもらうのが大切なんですね!

子供が死亡事故にあうと、子供の葬儀に始まり、加害者の刑事裁判、自賠責への保険金請求、保険会社との示談交渉、民事裁判など、諸々の面倒な手続が出てきます。

子供を失った両親としては、その事実だけで憔悴しきることが多いのに、それ以上に大変な手続きに煩わされ、心理的な負担はより大きなものになります。

特に、加害者の刑事裁判では、検察官と加害者の対立構造にあり、被害者遺族の手続への関与が薄くなることも多いといいます。弁護士に依頼すれば、刑事被害者参加制度の代理人として、刑事裁判への積極的関与が可能になる点が大きなメリットだそうです。

また、保険会社との交渉を弁護士に依頼すれば、加害者や保険会社による不誠実な態度心ない言動に悩まされることを避けられ、両親の心理的負担を軽減するのに役立つとのことです。

また、遺族だけで保険会社と交渉すると、相場を大幅に下回る慰謝料しか提示されず、更なる憤りを感じることもあります。弁護士を介して保険会社と交渉すれば、相場水準の慰謝料まで増額され、裁判をすれば相場を上回る慰謝料を獲得できることもあります。

アトム法律事務所では、LINEでの24時間体制での無料相談を受け付けていて、交通事故に強い弁護士が0円で相談に乗ってくれるそうです。亡くなった被害者のためにも、弁護士と協力してこの難局を乗り切る必要があります。

(まとめ表)

 

遺族のみ

弁護士に依頼

心理的負担

加害者や保険会社との直接対応で負担が大きい 交渉を一括して依頼でき交渉に関する心理的負担を軽減

慰謝料

相場を大きく下回る金額 相場を上回る慰謝料を得られることもある

刑事手続への関与

十分な関与できず 弁護士が被害者参加制度の代理人として活動できる

各種手続の負担

煩雑な手続の負担 弁護士が代理人として対応し、煩雑な手続から解放される
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所 公式サイト

交通事故の慰謝料問題に強い アトム法律事務所のウェブサイトです。「事業内容」のページでは、慰謝料増額の実績も掲載しています。

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談