慰謝料の相場は?

骨折の場合の交通事故慰謝料

交通事故被害者が骨折の重傷を負った場合、慰謝料の相場はある程度高くなると聞きますが、実際のところどうなのか、弁護士さんに聞いてみました。

骨折の慰謝料の相場は!?

先生、交通事故で骨折してしまった場合、慰謝料はたくさんもらえるんですよね?

骨折の慰謝料は、治療期間と後遺障害の程度によって決まるよ。重傷の場合は結構な金額になることも少なくないね。

後遺症も残るかもしれないので、慰謝料はたくさんあげてほしいです!

交通事故で骨折の重傷を負った場合、被害者はそれなりの慰謝料をもらうことになるはずです。慰謝料は、大きく分けて、骨折の治療に対する入通院慰謝料と、骨折治癒後の後遺症に対する慰謝料に分けられます。

入通院慰謝料は、治療に要した入院期間と通院期間に応じた一定額の相場が決まっているみたいです。また、後遺障害慰謝料についても、等級に応じた一定額の相場が決まっているようです。

どちらの慰謝料も、骨折の怪我をした被害者本人だけで保険会社と交渉しても、低い任意保険基準の慰謝料しか払ってもらえません。でも、弁護士さんにお願いすれば、相場の水準まで慰謝料が大幅に増えるそうです。

骨折の入通院慰謝料の相場(万円)

経過月数

通院

任意保険基準との差額

経過月数

入院

任意保険基準との差額

1月

28

+15.4

1月

53

+27.8

2月

52

+26.8

2月

101

+50.6

3月

73

+35.2

3月

145

+69.4

4月

90

+42.1

4月

184

+88.2

5月

105

+48.3

5月

217

+103.6

6月

116

+51.7

6月

244

+115.5

7月

124

+53.4

7月

266

+124.9

骨折の後遺障害慰謝料の相場(万円)

等級

慰謝料相場

任意保険基準との差額

等級

慰謝料相場

任意保険基準との差額

1級

2800

+1500

8級

830

+430

2級

2370

+1250

9級

690

+390

3級

1990

+1040

10級

550

+350

4級

1670

+870

11級

420

+270

5級

1400

+700

12級

290

+190

6級

1180

+580

13級

180

+120

7級

1000

+500

14級

110

+70

骨折の入通院慰謝料の相場(万円)

経過月数

通院

任意保険基準との差額

1月

28

+15.4

2月

52

+26.8

3月

73

+35.2

4月

90

+42.1

5月

105

+48.3

6月

116

+51.7

7月

124

+53.4

経過月数

入院

任意保険基準との差額

1月

53

+27.8

2月

101

+50.6

3月

145

+69.4

4月

184

+88.2

5月

217

+103.6

6月

244

+115.5

7月

266

+124.9

骨折の後遺障害慰謝料の相場(万円)

等級

慰謝料相場

任意保険基準との差額

1級

2800

+1500

2級

2370

+1250

3級

1990

+1040

4級

1670

+870

5級

1400

+700

6級

1180

+580

7級

1000

+500

8級

830

+430

9級

690

+390

10級

550

+350

11級

420

+270

12級

290

+190

13級

180

+120

14級

110

+70

骨折で後遺症が残るのはどういう場合!?

骨折の後遺症に偽関節っていうのがあるみたいですが、何のことですか?

骨折した部位がうまくくっつかずに、そこが関節のように曲がってしまう症状だよ。

関節が一つ増えるということですか!?痛そうです。

骨折の治療が終わっても、何らかの後遺症が残る場合は、後遺障害の慰謝料を請求できます。

弁護士さんによれば、骨折治療後の後遺症として典型的なものとして、骨の短縮・変形・偽関節化があるとのことでした。偽関節とは、骨折が治癒する過程で、骨の間に腫瘍などが発生し、骨の接合ができなくなる状態のことを呼ぶそうです。

これらの場合には、レントゲン・CT画像で外観から明らかに後遺症が残っていることが分かるので、第三者機関の後遺障害認定で問題になることはあまりないようです。

でも骨折部位は接合したけれど、その部位の関節が曲がらなくなったり(可動域制限)、痛み・しびれが残ったりした場合は問題があるみたいです。症状の直接の原因が骨折ではなく、不十分なリハビリが原因と判断されると、十分な等級認定が受けられない可能性もあります。

漫然と治療しているだけでは、十分な等級認定が受けられないことも多いので、早めに弁護士に相談して、後遺障害の等級認定に向けた対策をアドバイスしてもう必要がありますね。

症状の内容

実務上の問題

骨の短縮・変形・偽関節化など

CT画像などで明らかなので、後遺障害が認定されることにあまり問題なし。

骨癒合後の可動域制限、痛み、しびれ

単なるリハビリ不全とみなされると、12級以上の後遺障害としては認定されない可能性あり。

骨折で慰謝料を多くもらうため注意すべき4つのこと

先生、交通事故で骨折して、治療が終わっても関節がうまく曲がらない場合はどうなるんですか。

骨折の治療後に関節が曲がらない場合、十分な後遺症として認めてもらうには、事故直後にCT・MRIなどもとっておくことが大切だよ。

そんな!?働けなくて収入もないのに後遺症が認められない場合もあるんですか!?辛すぎます。

交通事故で骨折の怪我を負った場合、慰謝料を多くもらうためには4つのポイントがあるそうです。

一つ目は、事故直後に、病院によってはレントゲンのみ撮影するところもありますが、必ずCT・MRIの検査もしてもらうようにすることが大切とのこと。

骨折部位周辺の組織の損傷状況や、小さい骨の破片がないかどうかを確認しておくと、治療終了後に自覚症状が出た時に、原因が究明しやすくなるみたいです。

二つ目は、同じ理由で、神経伝達速度検査・筋電図検査を行うことらしいです。

三つ目は、第三者機関に有利に等級を認定してもらえるように、後遺症の原因となり得る内容を主治医に診断書の中に反映してもらうこと。

最後に、骨折事故の交渉は弁護士に依頼すべきだということ。弁護士に依頼するだけで、慰謝料や逸失利益などの示談金が大幅にアップするとともに、保険会社との煩雑なやりとりから解放されるメリットもあるそうです。

(まとめ)

1

レントゲンだけでなくCT・MRI画像を撮影すること

骨折部の周囲の組織の損傷状況や微小骨片の存在を確認するため

2

神経伝達速度検査・筋電図検査を行うこと

骨折に伴い神経が損傷されているか否かを確認するため

3

後遺症の原因を診断書に盛り込んでもらうこと

等級認定の審査で有利な材料とみてもらえるようにするため

4

骨折事故の交渉は弁護士に依頼すること

慰謝料や逸失利益が大幅にアップする可能性が高まる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所 公式サイト

交通事故の慰謝料問題に強い アトム法律事務所のウェブサイトです。「事業内容」のページでは、慰謝料増額の実績も掲載しています。

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談