入院した場合の慰謝料

入院3ヶ月の場合の入院慰謝料

交通事故で重傷を負う被害にあい、入院3ヶ月の治療をした場合、慰謝料はどれくらいもらえるのでしょう?

その他の問題も含めてはりきって調査してみました。

入院3ヶ月分の慰謝料はいくらもらえるの!?

入院3ヶ月もするって、相当な重傷だと思いますけど、慰謝料はいくらぐらいになるんですか?

入院3ヶ月分の慰謝料相場には、3つの基準があるけど、弁護士に依頼すれば慰謝料だけで、最も高い基準の145万円を回収することができるよ。被害者の正当な権利だからね。

日本の交通事故被害者は、泣き寝入りしている人が多すぎます!!

入院3ヶ月の慰謝料といっても、3つも基準があるらしいです。基準がそんなにあるとややこしいけれど、単純な話、被害者は最も高額の弁護士基準で慰謝料を受け取れるようにするべきだということです。

最も低い自賠責基準は、法律で定められた最低基準ので、入院3ヶ月で37.8万円とのことだ。任意保険基準は、被害者が弁護士を立てずに本人だけで交渉している場合に保険会社が示談に応じてくれる金額で、入院3ヶ月の場合、75.6万円とのことらしいです。

一方、弁護士基準では、骨折などの怪我では145万円、むちうち症などの軽傷でも92万円もの慰謝料がもらえます。しかし、これは被害者が弁護士に依頼して初めて回収できるというから驚きです。

入院3ヶ月ともなると、弁護士基準とその他の基準との間の差異が大きいので、弁護士への相談は必須のようです。

(まとめ表)

 

入院3ヶ月の入院慰謝料

自賠責基準

37万8000円(日額4200円×90日)

任意保険基準

75万6000円(日額8400円×90日)

弁護士基準

145万円(通常)・92万円(むちうち症)

退院後のギプス固定期間と慰謝料の関係は!?

退院したら、自宅療養で動けない期間も慰謝料の対象にならないんですか!?

実は、ギプス固定期間や絶対安静の待機期間も、入院期間と同等に扱ってもらえることがあるんだよ。

!?それじゃあ、わたしはずっとギプスを外しません!

実際は入院が必要な怪我があるのに、病院のベッドに空きがないために自宅待機をしたり、退院後に一定期間のギプス固定期間があったりする場合、入院している場合と同じくらいの不自由を強いられ、精神的負担も大きいことが多いです。

この場合、実際の入院期間ではなくても、入院と同じような扱いを受けて、相場を上回る慰謝料を払ってもらえる場合があるとのことです。

たとえば、全治入院5ヶ月の重傷を負った被害者が、3ヶ月の入院を経て退院後に、ギプス固定期間または待機期間として2ヶ月を要したという具体例を紹介してもらえました。

この場合、入院期間は3ヶ月なので、慰謝料相場は原則として145万円になりますが、弁護士さんに2ヶ月の待機期間を主張してもらえば、145万円~217万円の範囲で、慰謝料を増額してもらえることがあるといいます。

被害者本人だけで保険会社と交渉すると、たった75.6万円しか払ってもらえないのと比較すると、大きな差ですね。入院期間といっても、実際の入院期間以上の慰謝料を認めてもらえる実例であり、弁護士に依頼するメリットが大きい事例だと感じました!

(まとめ表)

 

入院期間

慰謝料相場

請求できる慰謝料額

怪我の内容

全治入院5か月

217万円

145万円~217万円の範囲で決定

実際の入院

3ヶ月間
(2ヶ月間は待機・ギプス固定期間)

145万円

保険会社からの提示額

75万6000円(入院3ヶ月分)

入院が原因で留年した場合の慰謝料は!?

先生!交通事故で入院3ヶ月になったせいで、大学を留年しちゃいました!!

入院が原因で留年した場合は、慰謝料の増額理由になり得るよ。留年した場合は学費も増えるし、精神的負担も大きいからね。

できるだけたくさん慰謝料をもらえる方法を教えてください!

入院3ヶ月分の慰謝料は、入院期間と退院後の通院期間によって金額が決まるのが原則ですが、入院が原因で特別な不利益がある場合には、別に慰謝料を認めてもらえることがあるらしいです。

弁護士さんが、3つの裁判例を紹介してくれました。いずれも、交通事故による入院や治療が原因で、留年・大会欠場・離婚をした事例で、特別に慰謝料が認められています。

裁判をして初めて認めてもらえた慰謝料らしいので、被害者本人だけで保険会社と交渉しても、ほぼ確実に払ってもらえないらしいです。

事故が原因で大きな不利益を被ったときは、交通事故に強い弁護士さんに依頼して主張してもらい、慰謝料の増額を獲得したいところです。

(まとめ表)

属性

特殊事情

慰謝料

24歳男性
大学3年生

入院による大学の出席日数の不足により留年を余儀なくされた

留年による慰謝料50万円を認めた

36歳男性
ゴルフプロ希望者

事故のためにゴルフツアー予選会に出場する機会を逃した

ツアー出場不能の慰謝料25万円を認めた

49歳女性

3年以上の入院生活を余議なくされ、離婚せざるを得なくなった(参考までに3年の入院慰謝料の相場は466万円)

入通院慰謝料を合計600万円認めた

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。
あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談