入院した場合の慰謝料

子供が入院した場合の入院慰謝料

子供が交通事故に遭い入院した場合、子供本人はもちろん、両親も精神的につらい思いをするはずです。

今回は子供の交通事故での入院慰謝料について調べてみました。

子供が入院したときの慰謝料は!?

子供の入院慰謝料は、どのようにすればしっかり払ってもらえますか?

子供の入院慰謝料は、両親だけで保険会社に請求しても、相場通りの金額の支払を受けられることはほとんどないよ。

子供の怪我や入院だけでもつらいのに、保険金の支払いまで渋られるなんて、両親は怒り心頭ですね!!

子供が交通事故で入院する怪我を負った場合、両親の加害者に対する怒りは大きなものがあるでしょう。子供の入院慰謝料は、一般の場合と比べて変わるのでしょうか?

弁護士さんによると、入院慰謝料という括りでは、子供も一般の大人と同じく、入院期間に応じた一定の慰謝料相場が決まっているそうです。

子供だからといって、慰謝料が増えるということはないそうです。ただし、子供が被害者の交通事故について、加害者側保険会社に慰謝料を請求する際、子供や両親だけで交渉するのは避けるべきとのことでした。

というのは、保険会社は被害者やその家族と交渉している限り、相場を大幅に下回る慰謝料しか払ってくれないからです。この場合、弁護士に依頼するだけで、下の表のように慰謝料が大幅にアップするというから驚きですね。

子供の入院慰謝料の計算方法(万円)

経過月数

慰謝料相場

任意保険基準との差額

経過月数

慰謝料相場

任意保険基準との差額

1月

53

+27..8

8月

284

+131.5

2月

101

+50.6

9月

297

+134.5

3月

145

+69.4

10月

306

+135.9

4月

184

+88.2

11月

314

+136.3

5月

217

+103.6

12月

321

+137

6月

244

+115.5

13月

328

+139

7月

266

+124.9

14月

334

+141.2

子供の入院慰謝料の計算方法(万円)

経過月数

慰謝料相場

任意保険基準との差額

1月

53

+27..8

2月

101

+50.6

3月

145

+69.4

4月

184

+88.2

5月

217

+103.6

6月

244

+115.5

7月

266

+124.9

8月

284

+131.5

9月

297

+134.5

10月

306

+135.9

11月

314

+136.3

12月

321

+137

13月

328

+139

14月

334

+141.2

(旧任意保険支払基準を参照)

子供の入院に親が付き添った場合は!?

子供が一人で入院するなんてかわいそうです!

子供の入院の場合、親が病院で付き添うことが多いようだね。親が子供の入院に付き添った場合、子供の年齢や怪我の症状によっては、付添い看護費を払ってもらえることがあるよ。

裁判官も親の切実な気持ちを分かってくれてるんですね。

子供が交通事故の怪我で入院した場合、両親が入院に付き添うことが多いです。被害者の家族が入院に付き添った場合、付添いの必要性がある場合には、一定額の付添い看護費を認めてもらえることがあるといいます。

子供の入院について、主治医から家族による付添いの指示が出ている場合には、付添い看護費を認めてもらえるようです。主治医の明確な指示があることはあまり多くないが、指示がない場合はどうなるのでしょう?

弁護士さんによると、子供の年齢怪我の症状によって異なるそうです。子供が小学生未満の幼児の場合には、治療のために付添いの必要がなくても、社会常識として親の付き添いが必要なため、付添い看護費を認めてもらえる可能性が高いといいます。

一方、小学生以上の児童中学生以上の場合には、年齢と怪我の程度を考慮して、付添いの必要性が判断されるとのことです。怪我の程度から付添いの必要性が微妙な場合は、できるだけ主治医の指示をもらうようにしたほうが良いとのことでした。

なお、付添い看護費の単価は、日額6500円が基本ですが、被害者が幼児の場合や重傷の場合には、付添いの密度が濃くなるため、日額7150円~8450円の範囲で認めてもらえるらしいです。

<子供の入院の付添い看護費>

 

医師の指示あり

医師の指示なし

金額(1日当たり)

幼児

付添いの必要性あり

付添いの必要性あり

7150円~8450円

児童(小学生以上)

症状によっては付添いが認められる場合あり

6500円
(症状の程度により増額あり)

中学生以上

重症の場合に限る

6500円
(症状の程度により増額あり)

子供が入院した交通事故を弁護士に依頼するメリットは!?

要するに、子供の交通事故を弁護士に頼むと、お金がたくさんもらえるメリットがあるってことですよね?

子供の交通事故を弁護士に頼むメリットは、お金の問題だけじゃないよ。両親は、事故処理は弁護士に一任してもらい、事故で傷ついた子供の心理的ケアに専念してほしいね。

子供の成長に関わることだから、たしかにお金の問題よりも大切ですね!

子供が交通事故で入院を要する怪我を負った場合、弁護士に依頼するメリットはどこにあるのか聞いてみました。

まず、前に説明したように、弁護士に依頼するだけで、入院慰謝料が大幅にアップするメリットが大きいそうです。子供の入院は、子供の成長にとって大事な時期を病院で過ごさせることになるため、適正な慰謝料を受領できるようにしたいですね。

また、入院期間が長くなればなるほど、両親の付添い期間も長くなり、付添い看護費の金額も大きくなるはずです。通常、保険会社は被害者の主張する付添い看護費をそのまま払ってくれることはまれであり、付添い看護費自体を認めてもらえない場合も多いといいます。

弁護士に依頼すれば、被害者の年齢や症状から付添い看護の必要性を主張し、付添い看護費がスムーズに支払われるよう交渉してもらえる点がメリットです。

また、子供が交通事故で入院を要する重傷を負った場合、子供は精神的にも深い傷を負うことがあるので、事故後の両親による精神的なケアが大切です。

保険会社との交渉については弁護士に一任し、両親は子供のケアに専念できるような体制を整えるのが、今後の子供の人生のためにも大切なのでしょう。

(まとめ表)

 

子供・両親のみ

弁護士に依頼

子供の入院慰謝料

相場より低い慰謝料しか払ってもらえない

慰謝料が大幅にアップ

子供の入院付添い看護費

保険会社が払ってくれないことがある

付添い看護費を払ってもらえる可能性が高まる

子供の精神的ケア

示談交渉や手続きに時間をとられ、精神的ケアがおろそかに

子供の精神的ケアに専念できる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談