通院した場合の慰謝料

通院3ヶ月の場合の通院慰謝料

交通事故で怪我をして、通院3ヶ月の治療をした場合、どれくらいの慰謝料をもらえるのか、怪我の内容によって慰謝料が変わるのか調査してみました。

通院3ヶ月の怪我で慰謝料はどれくらいもらえるの!?

怪我の治療で通院3ヶ月した場合、慰謝料をたくさんもらうにはどうすればいいですか?

通院3ヶ月の怪我の慰謝料といっても、世の中には3つも基準があるよ。被害者が最も高い基準で請求するには、弁護士に依頼することが大切だよ。

そんなに基準があるんですか!でも弁護士さんに相談するとお金が、、

交通事故による怪我で通院3ヶ月の怪我を負った場合、慰謝料はどのように計算すればよいのでしょう?

通院3ヶ月の慰謝料といっても、世の中には大きく分けて3つの慰謝料基準があるそうです。一つ目が、全運転者に加入が義務付けられている自賠責保険での支給基準です。

自賠責基準では、実治療日数の2倍と通院期間のいずれか長いほうに、日額4200円をかけた金額が慰謝料額として支払われることになります。通院3ヶ月でも、治療日数が30日の場合には、25万2000円が慰謝料となります。

任意保険会社が被害者本人に対し提示する基準(任意保険規準)では、同じ事例で37万8000円になるとのことです。

一方、裁判で認めてもらえる弁護士基準では、通常の怪我の場合73万円、むちうち症の場合53万円が慰謝料額となります。

いずれの場合も、自賠責基準や任意保険規準と比べて大幅な増額となっていることが分かります。しかし、弁護士に依頼してはじめて、慰謝料の大幅アップが実現できるということです。

詳細については、アトムでは無料の電話・LINE・メール相談を受け付けているので、試しに相談してみるといいですね。

(まとめ表)

 

通院3ヶ月の通院慰謝料
(実通院日数は30日間)

自賠責基準

25万2000円(日額4200円×30日×2)

任意保険基準

37万8000円(日額4200円×90日)

弁護士基準

73万円(通常)・53万円(むちうち症)

通院3ヶ月のむちうち症の慰謝料は!?

追突事故でむちうち症になりました。でも仕事が忙しくて週1日くらいしか通院できてないんですが。

むちうち症の場合、通院日数が月10日未満だと、慰謝料が相場よりも減額されてしまうよ。

そうなんですか!?でも仕事もこれ以上休めないし、どうしよう。

むちうち症で通院3ヶ月の治療をした場合にも、慰謝料は相場通りもらえるのでしょうか?

弁護士さんに聞いてみたところ、むちうち症の場合は、通院期間がそのまま慰謝料算定の基礎日数になるわけではないとのことです。

たとえば、通院3ヶ月でも通院日数が20日の場合には、以下の表のとおり、慰謝料算定の基礎になる日数は、通院日数の3倍の60日間になるそうです。

むちうち症の慰謝料の場合は、このような特別なルールがあるそうなので、慰謝料を請求する場合には一度弁護士に相談してみるといいでしょう。

むちうち症の事例(通院期間3ヶ月・通院日数20日)

 

基礎日数

慰謝料額

計算方法

通院期間による慰謝料

90日
全治療期間

53万円

誤り

実通院日数による修正後の慰謝料

60日
(実通院日数20日×3)

36万円

正しい

通院3ヶ月の骨折の慰謝料は!?

先生、むちうち以外に、肋骨にヒビが入ってたのが見つかりました!

骨折で通院3ヶ月の治療をした場合でも、まれに慰謝料が減額されてしまうこともあるよ。たとえば、通院日数が少なくて、治療より経過観察の意味合いが強い場合などがあるよ。

慰謝料って色々奥が深いですね。

先ほどのようなむちうち症以外の傷害の場合はどうでしょうか?骨折の怪我で通院3ヶ月の治療を受けた場合、原則として、慰謝料算定の基礎となる日数は、3ヶ月間(90日)であるそうです。

でも、治療というより、検査や治癒経過の観察的色彩が強い場合には、実通院日数の3.5倍を慰謝料算定の基礎日数とされてしまうことがあるそうなので、注意が必要です。

骨折の事例(通院期間3ヶ月・通院日数20日間)

 

基礎日数

慰謝料額

計算方法

通院期間による慰謝料

90日

73万円

原則

実通院日数による修正後の慰謝料

70日
(20日×3.5)

59万円

例外

通院3ヶ月程度の怪我であれば、弁護士に相談・依頼するほどでもないと考える人が多いようです。

でも、通院3ヶ月の怪我であっても、被害者本人で交渉した場合と比べて、慰謝料だけでも20~30万円の差が出てきます。それ以外に休業損害が多く発生していたり、後遺症が残る可能性がある場合には、より弁護士に依頼するメリットが出てきます。

また、最近は被害者の自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用を保険会社に負担してもらえることが多いそうです。

通院3ヶ月の怪我の場合でも、弁護士に相談してみる価値はあるかもしれないですね。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所 公式サイト

交通事故の慰謝料問題に強い アトム法律事務所のウェブサイトです。「事業内容」のページでは、慰謝料増額の実績も掲載しています。

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談