後遺障害と慰謝料の関係

裁判所基準での計算の仕方

交通事故被害者に後遺障害が残ったとき、慰謝料を裁判所基準で計算する方法を調査してみました。

また、どういう場合に慰謝料を増額してもらえるかも教えてもらいました。

後遺障害慰謝料の裁判所基準とは!?

先生!慰謝料の裁判所基準って、一体どういう基準なんですか?

裁判所基準とは、裁判で認めてもらえる相場のことをいうよ。弁護士基準と呼ばれる場合もあるね。

被害者は業界用語に困惑しがちだけど、結局は裁判所基準で慰謝料を払ってもらうのが重要なんですね!

交通事故被害者の後遺障害慰謝料について、裁判所基準というものがあるらしいです。語感からも大体イメージはつきますが、要は裁判をして認めてもらえる慰謝料水準ということで、最も高い基準のようです。

裁判所基準での慰謝料の計算方法は、14段階に分かれる後遺障害の等級に応じて一定額が決められています。

被害者に対し保険会社が提示する任意保険基準と比較してみたところ、すさまじい金額の差異となりました。これだけの差があると、被害者本人だけで保険会社と示談するメリットはほとんどありません。

弁護士に依頼すれば、後遺障害の慰謝料が裁判所基準にまで大幅にアップするというから、一度ためしに相談してみるといいかもしれませんね。

(まとめ表)

後遺障害慰謝料(万円)

等級

裁判所基準

任意保険基準との差額

等級

裁判所基準

任意保険基準との差額

1級

2800

+1500

8級

830

+430

2級

2370

+1250

9級

690

+390

3級

1990

+1040

10級

550

+350

4級

1670

+870

11級

420

+270

5級

1400

+700

12級

290

+190

6級

1180

+580

13級

180

+120

7級

1000

+500

14級

110

+70

後遺障害慰謝料(万円)

等級

裁判所基準

任意保険基準との差額

1級

2800

+1500

2級

2370

+1250

3級

1990

+1040

4級

1670

+870

5級

1400

+700

6級

1180

+580

7級

1000

+500

8級

830

+430

9級

690

+390

10級

550

+350

11級

420

+270

12級

290

+190

13級

180

+120

14級

110

+70

家族の慰謝料は払ってもらえるの!?

先生、家族が車にひかれて大けがを負いました!わたしも慰謝料を請求したいです。

重度の後遺障害が残る場合には、家族も固有の慰謝料を払ってもらえることがあるよ。

後遺症が残るのは悲しいけど、そうなってしまったらもう、その分の慰謝料をもらうしかないですもんね。

後遺障害の慰謝料の裁判所基準は、あくまで被害者本人の慰謝料にすぎないそうです。実際は、重度の後遺障害の場合には、被害者の家族についても固有の慰謝料を認めてもらえることが多いようです。

弁護士さんに過去の裁判例を紹介してもらったところ、1級から11級までの範囲で、家族の固有の慰謝料を認めてくれた例がありました。

つまり、重度の後遺障害が残る事故の場合には、被害者本人だけで保険会社と示談するのではなく、家族の慰謝料分も加算した金額で示談する必要があるということです。

家族の慰謝料だけでも相当な金額になるので、やはり後遺障害が残る事例は弁護士に相談してから対応したほうが良さそうです。

(まとめ表)
6-4

後遺障害の慰謝料の増額理由は!?

後遺障害の慰謝料って、相場よりも多くもらえることもあるんですか?

逸失利益の算定が困難な場合や、将来の手術費が不明確な場合は、慰謝料を増額して調整してもらえることがあるよ。

そこはしっかり考えてくれるんですね。

後遺障害慰謝料については、先に紹介したような裁判所基準の相場がありますが、実際は事故ごとに柔軟に増減して調整することがあるようです。

たとえば、事故の傷跡が残り、容貌に後遺障害が残った場合や、歯が欠けた場合、嗅覚障害が生じた場合などは、労働能力に直ちに影響がない場合も多いです。

この場合、逸失利益の算定が困難なため、被害者にとって酷な結果になることがあるといいます。その場合に、後遺障害の慰謝料を増額することで公平を図ることがあるようです。

それ以外にも、後遺障害について将来的に治療や手術が必要だけど、時期や金額が不明な場合に、慰謝料を増額して調整することもあります。

一方、加害者に事故について故意・重過失・不誠実な態度がある場合は、被害者の精神的苦痛が増大するので、慰謝料の増額理由になるとのことです。

ただし、以上のような慰謝料の増額は、裁判になって初めて、裁判官の裁量で認めてもらえたものなので、被害者本人がいくら保険会社に力説しても、ほぼ認めてもらえる余地はないそうです。

弁護士に依頼すれば、特別な増額理由を裁判等で主張し、慰謝料の相場を上回る増額を認めてもらえることがあるそうです。

(まとめ表)

後遺障害慰謝料の増額理由

逸失利益の算定が困難な場合

外貌醜状、歯牙障害、嗅覚障害など、ただちに労働能力に影響しづらい後遺障害

将来の手術費・治療費の算定が困難な場合

将来的に手術や治療の必要があるが、時期や費用、通院頻度が不明である

加害者に故意・重過失や不誠実な態度がある場合

その分、被害者や家族の精神的苦痛は増大する

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談