後遺障害と慰謝料の関係

労災と後遺障害慰謝料の関係

今回は番外編として、労災と後遺障害慰謝料との関係について調査してみました。

労災と交通事故の後遺障害との意外な関係も明らかになりました。

労災と交通事故の後遺障害との関係は!?

先生、労災と交通事故ってあまり関係なさそうですけど、どうして今回のテーマは労災なんですか?

労災の認定基準は、実は交通事故の後遺障害の認定で重要な役割を果たしているよ。だから、労災と交通事故は密接な関係があるんだ。

そんなところでつながってたんですね!

労災とは、労働者が業務に関連する怪我や病気をした場合の補償に関する問題をいいます。交通事故の後遺障害と労災は、一見関係がなさそうですが、実は密接に関係しているそうです。

交通事故の被害者に最低限の補償を与える自賠責保険では、後遺障害の等級認定を第三者機関が行い、それに基づいて保険金が支払われます。そして、自賠責保険での後遺障害の等級認定は、労災認定基準に準じて行われているのです。

一方、交通事故の裁判では、労災認定基準や、自賠責保険での等級認定の結果が、裁判官を拘束することはないようです。

しかし、実際には、裁判官が労災認定基準を無視して後遺障害を判断するわけではなく、ある程度基準に依拠した判断をするため、裁判でも労災認定基準は事実上大きな影響を与えているらしいです。

したがって、労災でも交通事故でも、後遺障害の判断や慰謝料の金額は、いずれも同程度の水準になるとのことです。

(まとめ表)

労災保険

厚労省の労災認定基準に基づいて後遺障害等級を認定

自賠責保険

労災認定基準に準じて後遺障害等級を認定

交通事故の裁判

労災認定基準に拘束されないが、労災認定基準が裁判での後遺障害等級の判断に与える事実上の影響は大きい

交通事故が労災になる場合とは!?

通勤中に歩いていて、車にぶつかられて怪我をしたらどうなりますか?

通勤中の交通事故は、労災に当たるから労災補償を受けることができるよ。

通勤中も労災に入るんですね。たくさんもらえるとうれしいな・・・

交通事故被害が、同時に労災になる場合もあるらしいです。労災には、業務災害通勤災害の2種類があるといいます。

たとえば、トラック運転手やタクシー運転手が業務中に交通事故被害にあった場合には、業務災害として労災補償の対象になります。

また、通勤経路で従業員が交通事故被害にあった場合には、通勤災害として労災補償の対象になります。

つまり、交通事故の被害が、労災に該当する場合には、自賠責保険や加害者の任意保険会社だけでなく、労災保険からも補償が受けられることになるので、覚えておきましょう。

ちなみに、労災保険からは慰謝料は支給されないので、慰謝料の請求は加害者か保険会社に対してする必要がありますね。

(まとめ表)

労災の種類

内容

労災の交通事故の具体例

業務災害

①事業場内での作業中の事故
②事業場内での休憩時間中、始業前・始業後の事故
③事業場外での業務中や出張中の事故

●トラック運転手が運転中に起こした交通事故
●外回りの営業社員が客先に向かう途中に起こした交通事故

通勤災害

通勤途中での事故

通勤経路の途中であった交通事故

交通事故被害者が労災保険金を受け取った場合は!?

労災保険金も受け取れて、保険会社から示談金ももらえたら、二重取りでラッキーですね!

当然だけど、労災保険金の一部は、損害賠償から控除されるよ。

!?そんなおいしい話あるわけないんですね。残念です・・・。

交通事故被害が労災に該当する場合、労災申請をすれば、労災補償給付を受けることができます。労災補償給付の種類は大きく分けて3種類あるそうです。それが、①治療費に対応する療養補償、②休業損害に対応する休業補償、③後遺障害に対応する障害補償です。

これらの労災保険金を被害者が受け取った場合、損害賠償額から控除されるのが原則だそうです。しかし、給付金に「特別支給金」という名称がついている場合には、控除の対象外になります。

被害者が保険会社とやりとりする場合、この労災保険金をめぐって、煩わしいやりとりが発生することが多いようです。

弁護士に依頼すれば、本人で交渉する場合より慰謝料等の賠償金が大幅にアップするだけでなく、煩わしいやりとりからも解放されるので、メリットは大きそうですね。

(まとめ表)

 

労災保険給付金の名称

損害賠償額からの控除

治療費に関する支給

療養補償給付金

控除あり

休業損害に関する支給

休業補償給付金

控除あり

休業特別支給金

控除なし

後遺障害に関する支給

障害補償一時金

控除あり

障害特別支給金

控除なし

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所 公式サイト

交通事故の慰謝料問題に強い アトム法律事務所のウェブサイトです。「事業内容」のページでは、慰謝料増額の実績も掲載しています。

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談