後遺障害と逸失利益の関係

後遺障害逸失利益と基礎収入の関係

交通事故の被害者の後遺障害による逸失利益と、基礎収入はどういう関係にあるのでしょうか!?

基礎収入の計算方法を中心に調査してまとめてみました。

逸失利益と基礎収入の関係は!?

先生、基礎収入って逸失利益の計算でそんなに重要なんですか!?

後遺障害の逸失利益では、基礎収入がどれくらいかが問題になることが多いよ。きみの場合はどうなるかな?

先生が慰謝料調査員の報酬をはずんでくれれば基礎収入も上がりますよ!

交通事故の被害者に後遺障害が残ったとき、逸失利益の補償を受ける必要があります。逸失利益の計算方法は、以下の表のとおりとのことですが、その中に基礎収入という用語があります。

基礎収入とは、被害者に後遺障害がなければ、将来的に得られるはずであった年収を意味するといいます。逸失利益は、基礎収入がどれくらい認められるかにより大きく変わる可能性があるので、基礎収入について正確に理解しておくことは大切ですね。

(まとめ表)

逸失利益の計算式

(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数)

基礎収入

被害者に後遺障害がなければ、将来的に得るはずであった年収

労働能力喪失率

後遺障害によって年収を低下させる割合

労働能力喪失期間

後遺障害によって年収が低下する期間

ライプニッツ係数

逸失利益を一括で受け取るにあたって、現在価値に修正するための係数

基礎収入の計算方法は!?

事故のときにたまたま失業してたりすると基礎収入はどうなるんですか?

基礎収入は、実際に収入を得ていない専業主婦や失業者にも認められることがあるんだ。この辺は、一般の人には理解しづらい部分だね。

わたしは主婦の気持ちが理解できます!

被害者の逸失利益を計算するための、基礎収入の計算方法は、被害者の立場によって変わるみたいです。

被害者が有職者の場合には、原則として事故前年度の給与収入または事業所得を基準とします。専業主婦の場合には、現実の収入はないものの、家事労働に経済的価値があるとみて、女性労働者の平均賃金により計算するようです。

一方、失業者の場合には、既に労働の能力や意欲をなくしていて、今後再就職する可能性がない場合には、逸失利益は認められないそうです。しかし、就労の蓋然性がある場合には、失業前の収入を基準とするらしいです。

いずれにしても、基礎収入は逸失利益の金額を決める上で重要ですが、計算方法が場合分けされていて、被害者本人だけでは判断しづらいので、弁護士に相談するのがお勧めです。

(まとめ表)

 

基礎収入の計算方法

有職者

原則

事故前年度の給与収入または事業所得

例外

前年度収入が平均賃金以下で、今後平均賃金以上の収入が得られる蓋然性があれば、賃金センサスによる。

主婦

女性労働者の平均賃金(賃金センサス)

失業者

原則

能力・意欲と就労の蓋然性があることを条件に、失業前の収入を参考に認める。

例外

失業前の収入が平均賃金以下で、今後平均賃金以上の収入が得られる蓋然性があれば、賃金センサスによる。

将来昇給の可能性がある場合はどうやって計算するの!?

給料が上がりきっていない若者の場合、基礎収入はどうやって計算するんですか!?

被害者が今後昇給する可能性がある場合が、一番悩ましいんだ。実際には、仕方ないから平均賃金を利用することが多いんだけどね。

事故がなければ社長になって億万長者になれてたかもしれないのに、平均賃金だけってのはかわいそうです!

新入社員のように、入社して間もない場合には、事故前年度の給与を基礎収入として計算されてしまうと、不都合が生じます。

というのは、年功序列型の賃金制度を採用する会社が多いなかで、新入社員の給与は低く設定されていて、今後徐々に昇給していく可能性が高いからです。

したがって、30歳未満の労働者の場合には、事故前年度の収入ではなく、賃金センサスでの平均賃金を基礎収入とすることとされています。まだ就職していない学生などの場合も同じ扱いです。

一方、30歳を超える有職者の場合には、事故前年度の収入が基礎とされることに注意が必要とのことです。昇給の可能性がある場合には、その点を裁判などで具体的に主張して証明すれば、平均賃金を基礎収入と認めてもらえることがあります。

なお、逸失利益は、金額が大きくなり易いにもかかわらず、保険会社は相場を大きく下回る金額しか払おううとしないようです。弁護士に依頼すれば、逸失利益を相場水準まで大幅にアップさせることができます。

アトム法律事務所は、LINEで相談すれば相談料無料手軽に相談できるので、一度相談してみるといいかもしれません。

(まとめ表)

児童・学生などの未就労者

賃金センサスの平均賃金

30歳未満の就労者

原則

事故前年度の給与収入

例外

前年度の給与収入が平均賃金以下の場合には、賃金センサスの平均賃金

30歳以上の就労者

事故前年度の給与収入
(昇給の立証があれば平均賃金で計算する)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談